読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺の叙景

音楽の話などをします

今日の夢、オムニバス

 コンクリートが剥き出しになった、古い大学のキャンパスのような建物の中にある練習スタジオにバンドメンバーと向かう。しかし、スタジオの入り口に「別の部屋をお使いください」と書いてある貼り紙が貼ってあった。別の部屋を見つけることができず、練習を諦める。

 建物の前には公園があったのでバンドのメンバーとたむろすることにする。机と椅子があったので座ろうとするが、机の下にiPadが一つと大量のカセットテープがあることに気づく。カセットテープのうちの一つは、あるアンビエントブラックメタルバンドのものであり、それは既に持っていたが、他のテープは見たことがなかったので貰おうかと思ったがやめる。iPadの持ち主はどうやら、女の子のようで、中を覗きたくなったがやめた。すると、すぐに持ち主の女の子があらわれる。僕の勘もたまには頼りになる…。


おわり


 母親と一緒に車に乗る。運転手は母親で、僕は助手席に座ってる。僕たちが大きいのか、周りが小さいのかはわからないが、僕たちより少しだけ小さい人間の街を車で走っている。交差点に差し掛かった瞬間、目の前に女性の小人が何人かいることに気づく。母親は慌ててハンドルをきってよけようとするが、うまくよけることができず、何人かを車で轢いてしまった。しかし、母親は気にせず運転を続けた。

僕が後ろを振り向くと、怪我をした女性の小人達が倒れていて、こちらを見ている。僕は慌てて、

「引き返した方がいいよ、小人を轢いてしまったのだから。車のナンバープレートも見られてしまったし、いずれにしろ逮捕される。」と叫んだが、母親は気にせず運転を続けた。

 僕は逮捕されてしまうのだろうか…不安で、不安でしょうがない…今なら引き返せるのに…。


おわり


休日にぐうたら長い時間寝ていると、途中で何度か軽く起きるからか、二つか三つの夢を見ます。

今日はそのうち思い出せた二つを書き残して見ました。二つ目の様な、「神経症的な夢」はかなりの頻度で見ます、週に1度か2度くらい。だからどう、ということもありませんが、できれば気分の良い夢が見たいですよね。